第24回 ゴルフ5レディス、予選第2ラウンド。

今日も快晴すぎるほど暑い一日となったが、
スタートした105選手は棄権もなくホールアウトした。

初日単独首位に立った黄金世代・淺井咲希は
昨日とは打って変わって我慢のゴルフ。
8番までオールパーで、ようやく9番で初バーディー。
しかし、その時すでに同組のイ ミニョンと一つ前の組の申ジエが
スコアを伸ばしており、11番でも伸ばしたが追いつくことができなかった。
ただ、今日はノーボギー、1打差の単独3位につけ、
明日最終組での逆転劇を期待したい。

首位に立った申ジエとイ ミニョンはスコア的に
初日からまったく同じというから不思議だ。
初日は8バーディーノーボギー、今日は5バーディー1ボギー、
しかもボギーを叩いたのが同じ16番ミドルである。
追いかける淺井以下にとってはこの両者のボギーは
最終日への希望の光になったに違いない。

そして、2打差の単独4位につけたのが
GOLF5所属の大会ホステスプロ・イ ナリだ。
イ ナリは、6バーディー1ボギーで連日の67。
チームGOLF5では、武尾咲希に代わって最上位となり
6年ぶり3勝目を目指す。

さらに3打差の9アンダー単独5位には、
今日のベストスコア65を叩き出した黄金世代・高橋彩華だ。
高橋は8バーディー1ボギーで初日の34位タイから
一気に初優勝を狙える位置まで急浮上した。

4打差の8アンダー6位タイグループには、
竹内美雪、アンソンジュ、岡山絵里の3人。
5打差の7アンダーグループには、
ジョン ジェウン、濱田茉優、ユンチェヨン、工藤遥加、小野祐夢の
初優勝を狙う5人と黄アルムがつけた。

6打差グループにも全美貞、キム ハヌルがつけていることから
どの階層にも韓国勢が虎視眈々と狙っているカタチである。

しかし、黄金世代の活躍は本当に目をみはるものがある。
今大会では淺井咲希の安定感が抜群であるが、
初日に好スコアの臼井麗香、新垣比菜、吉川桃がスコアを落とすと、
その代わりに高橋彩華が上がってくるし、
小祝さくらも優勝には手は届かないかもしれないが25位タイまで浮上。
残念ながら三浦桃香と地元の小滝水音は予選落ちしたが、
逆に、田中瑞希はと大里桃子はスコアを伸ばし予選通過してみせた。

まだまだ僅差で混戦が予想される。
台風が来る前に、ここで大きなドラマという名の波乱が起きるかもしれない。

さぁいよいよ明日は最終日、決勝ラウンド。
それぞれの想いが素晴らしいプレーとなり、
優勝争いはヒートアップすることだろう!

前半3連続を含む4バーディーで独走するかと思われたが、後半ティーショットが乱れた申ジエ。
ショットは好調、後半のパットがショートしたことがマイナス点というイミニョン。明日もフェアウェイキープで目標はもちろん優勝だ。
最終日1打差で最終組となった淺井咲希。今日は2バーディーのみだったが、ノーボギーは明日に繋がるはず。
6年ぶりツアー3勝目を大会ホステスプロとして優勝となれば3年前の穴井詩以来の快挙となるイ ナリ。
圧巻の8バーディーを奪い、自身ベストスコア65の高橋彩華。臼井麗香に代わって黄金世代10人目の優勝が狙える位置に!
2日間共68でまとめた竹内美雪。初のシード権獲得へ1つでも順位を上げたいところ。ウェイティング出場からどこまで登りつめるか?!
初優勝が期待される濱田茉優は、今日24歳の誕生日に4バーディーノーボギーで9位タイまで浮上!
最後の最後にウェイティング出場となった工藤遥加は5バーディーを奪って波に乗るが、16番で落としてしまい9位タイに。

福山恵梨は16番バーディー後の17番でホールインワン!一気にカットラインから脱出。池越え145Y、番手は8Iだった。